採用情報  会社概要  中国語
注目サービス: 中国環境・省エネ・化学物質標準販売
化学品関連サービス
展示会出展支援


日中環境協力支援センター有限会社のウェブサイトへようこそ!あなたは counter 番目の訪問者です。 対中環境ビジネスにご関心・お困りの方はお気軽にお問い合わせください。
TOP
会社案内
会社概要
ご挨拶
経営理念
事業紹介
サービス内容
中国環境展
セミナー事業
事業実績
資料・アーカイブ
別冊レポート
重要環境法令和訳文
データ・資料販売
政策・法令一覧[検索]
支援サービス
手順フロー
ビジネスマニュアル
引き合い情報
ニュースリリース
メディア掲載
お問合せ
リンク
中文版
各種サービスへのリンク
↓■日本語サービス■↓
無料メルマガ登録はこちらへ
有料会員様向け週刊ビジネスレポート
政策・法令一覧
化学品関連サービス
↓■中国語サービス■↓
免费版电子杂志日中环保低碳合作信息电子通讯,欢迎订阅!!
中文版日本环保信息??周刊,?迎??!!
外部リンク
日中環境協力支援センター公式Facebookページ
日中環境協力支援センター公式ツイッターアカウント試験運営開始しました
大野木日中環境ブログ

トップ > 資料・アーカイブ > データ・資料販売

(15)第20回「中国CO2排出規制及び省エネ規制とその対応
(14)第19回「中国産廃規制及び土壌汚染規制とその対応
(13)第18回「中国大気汚染規制及びVOC規制とその対応
(12)第17回「中国内企業環境基本制度
(11)第15回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応~VOC等大気汚染、CO2、土壌、危険廃棄物規制、中国版RoHS2.0等電子製品環境規制等~
(10)第14回「製造業向け中国大気汚染規制・VOC規制の最新動向とその対応~改正大気汚染防止法、地方条例、VOC規制など大気環境法制激変への対応~
(9)第13回「中国第13次五ヵ年計画の環境ビジネス攻略法~第13次五ヵ年計画下での中国環境ビジネス市場への対応法~
(8)第12回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応~改正環境保護法と付随措置、大気・CO2・土壌規制など環境法制激変への対応~
(7)第11回「中国環境マネジメント実務講座~改正環境保護法、CO2規制、新大気規制、環境取締り強化等の激変にどう対応するか~
(6)第10回「中国での環境・省エネビジネス攻略法~第12次五ヵ年計画下での中国環境・省エネ市場への対応~
(5)第9回「中国の環境及び化学物質規制とその対応~中国版RoHS・REACH・WEEEと危険化学品規制・GHS・MSDS対応~
(4)第6回「中国の化学物質規制の最新動向とその対応~危険化学品管理制度・GHS・MSDS対応と中国版REACH・PRTR~
(3)第5回「中国の電子製品環境規制の最新動向とその対応~中国版RoHS・WEEE・エコラベル・エコデザイン・カーボンフットプリント~
(2)第4回「中国水ビジネスセミナー初中級編~中国水ビジネスをめぐる制度・市 場・産業動向と対応方法~
(1)第3回「中国の環境及び化学物質規制とその対応 ~中国版RoHS・REACH・WEEEと 危険化学品規制・GHS・MSDS対応~

(1)2010年中国都市汚水処理場詳細データ一覧
(2)重点流域第12次五ヵ年計画 都市汚水処理事業一覧

JCESCセミナー 講演予稿・配布資料 販売のお知らせ

(15)第20回「中国CO2排出規制及び省エネ規制とその対応」  JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第4日[2017.03.06]

収録データ第20回「中国CO2排出規制及び省エネ規制とその対応」
JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第4日17/02/03
料金1万2000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)65ページ

<目次>
第一章 中国の省エネ規制の概要とその対応
 ・中国の環境・省エネ法整備
 ・中国の標準・規格
 ・環境標準の動向
 ・中国内企業環境マネジメントの全体像
 ・五ヵ年計画の構成
 ・13次五ヵ年計画の省エネ・GHG目標
 ・国務院省エネ排出削減第13次五ヵ年総合事業方案
 ・第13次五ヵ年全国民省エネ行動計画
 ・エネルギー節約法
 ・重点エネ利用事業者とは?
 ・工業省エネ管理弁法
 ・重点エネ利用事業者省エネ管理弁法PC版
 ・淘汰命令対象設備リスト
 ・単位製品あたりエネ消費上限値基準
 ・エネ管理体系認証規則
 ・エネ管理体系
 ・工業クリーナープロダクション概要
 ・地方の省エネ政策

第二章 中国のGHG規制の概要とその対応
 ・GHG(温室効果ガス)規制の動き
 ・GHG排出権取引管理暫定弁法
 ・GHG規制各種法令等の構成
 ・地方GHG規制制度の枠組み
 ・7実証地域の現状
 ・排出権取引価格の推移
 ・事例:広東省GHG排出管理試行弁法
 ・広東省具体的な対応策の例
 ・事例:北京市GHG排出規制通達
 ・排出量の計算方法広東省の事例
 ・実証地域以外の地域の動き
 ・全国統一市場に向けて
 ・国家発展改革委:全国GHG市場最新政策動向解説
 ・全国統一市場の対象産業
 ・GHG規制・取引注意点
 ・工場の省エネ/GHG対策
 ・企業注意点
 ・省エネビジネス

第三章 当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令順守監査サービス
 ・環境規制レクチャー
 ・工場跡地土壌調査・修復調査事業
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(14)第19回「中国産廃規制及び土壌汚染規制とその対応」  JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第3日[2017.03.06]

収録データ第19回「中国産廃規制及び土壌汚染規制とその対応」
JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第3日17/02/01
料金1万2000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)83ページ

<目次>
第一章 中国の産廃規制の概要とその対応
 ・中国の環境・省エネ法整備
 ・中国の標準・規格
 ・環境標準の動向
 ・中国内企業環境マネジメントの全体像
 ・固形廃棄物環境汚染防止法
 ・廃棄物関連下位法令
 ・危険廃棄物業務の全体
 ・工業系廃棄物分類
 ・危険廃棄物とは
 ・国家危険廃棄物リスト
 ・危険廃棄物リストの主な改定点
 ・危険廃棄物かどうかの判定
 ・危険廃棄物経営許可証管理弁法
 ・危険廃棄物マニフェスト
 ・工場における廃棄物管理 廃棄物申告制度
 ・危険廃棄物発生事業者管理計画策定ガイドライン
 ・工場における廃棄物管理 工場内収集・保管
 ・危険廃棄物保管汚染抑制基準 改定PC版
 ・廃棄物保管場所の看板とラベル
 ・廃棄物手続きの電子化
 ・危険廃棄物規範管理指標体系2015
 ・廃棄物処理料金水準
 ・地方廃棄物管理法令の例
 ・危険廃棄物処理事業者の探し方・チェックポイント
 ・実際の工場廃棄物の例
 ・危険廃棄物リスク事例
 ・廃棄物関連の罰則規定
 ・2016年の主な改定
 ・法令改定の動きと制度上の問題点

第二章 中国の土壌汚染規制の概要とその対応
 ・土壌汚染対策
 ・土壌汚染浄化修復事業の盛り上がり
 ・中国土壌・地下水法令の全体像
 ・土壌汚染防止行動計画(土十条)
 ・工場移転跡地土壌保護に関する通達群
 ・プロセス別の土壌標準
 ・土壌関連標準策定状況
 ・第13次五ヵ年計画で盛り込まれた土壌・地下水基準制改定一覧
 ・『汚染排出事業者モニタリングガイドライン総則』パブコメ版
 ・汚染土地土壌環境管理弁法
 ・地方の土壌環境規制 地方土壌法令の構成
 ・地方土壌法令・計画の一覧
 ・土壌関連地方標準の一覧
 ・土壌浄化事業事例 根拠・契機・仕様の決定・費用負担者
 ・費用負担の事例
 ・工場が各段階で行うべき土壌環境対策
 ・操業中の工場ができる土壌汚染調査
 ・今後の留意点
 ・企業注意点

第三章 当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令順守監査サービス
 ・環境規制レクチャー
 ・工場跡地土壌調査・修復調査事業
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(13)第18回「中国大気汚染規制及びVOC規制とその対応」  JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第2日[2017.03.06]

収録データ第18回「中国大気汚染規制及びVOC規制とその対応」
JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第2日17/01/31
料金1万2000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)98ページ

<目次>
第一章 中国の大気汚染規制の概要とその対応法
 ・中国の環境・省エネ法整備
 ・大気汚染防止行動(大気十条)
 ・中国の標準・規格
 ・中国内企業環境マネジメントの全体像
 ・工場に係る大気汚染対策の主な制度
 ・改正大気汚染防止法
 ・製造業の対応すべき内容
 ・地方大気汚染防止条例
 ・2016年7月~17年1月の大気汚染規制の主な動き(地方)
 ・事例:北京市大気汚染防止条例
 ・事例:上海市大気汚染防止条例
 ・環境標準の動向
 ・13五計画の主な大気関連環境標準
 ・主な大気環境保護基準
 ・中国各種排ガス基準の構成
 ・産業別・生産工程別排気規制基準一覧
 ・大気汚染規制の項目別分類
 ・汚染排出課徴金(排汚費)制度
 ・排汚費制度の近年の動き
 ・環境保護税法
 ・排出総量規制、排汚許可証、汚染排出権取引
 ・汚染排出権取引制度
 ・諸制度を「汚染排出許可証」制度に統合
 ・発生源モニタリング
 ・汚染排出ICカード管理
 ・排出口規範化整備
 ・石炭排出規制の枠組みマクロ→ミクロ
 ・工業・情報化省:『環境設備製造産業(大気汚染対策)規範条件』
 ・『環境設備製造産業(大気汚染対策)規範条件』合格公示企業リスト

第二章 中国の廃ガスVOC規制の概要とその対応法
 ・VOC規制の全体像
 ・廃ガスVOC規制の特徴
 ・廃ガスVOC規制の全体像
 ・『第13次五ヵ年生態環境保護計画』VOC規定
 ・廃ガスVOC規制の構成
 ・廃ガスVOC規制の全体像
 ・廃ガスVOC排汚費制度
 ・VOC汚染排出費徴収実証事業
 ・各地方の廃ガスVOC排汚費制度
 ・VOC汚染排出費対象17地区(2017年1月時点)
 ・廃ガスVOCの測定・集計
 ・廃ガスVOC総合整備(対策)制度
 ・重点産業VOC削減行動計画
 ・地方版の重点産業VOC総合整備政策の例
 ・地方VOC汚染処理対策方案の一覧(一部)
 ・LDAR(漏洩検査・修理)
 ・廃ガスVOCに関する有組織排出基準
 ・VOC廃ガスを含む国家排出基準
 ・制定・改定作業中のVOC廃ガスを含む国家排出基準
 ・VOC廃ガスを含む地方排出基準(一部)
 ・標準事例:ゴム製品工業汚染排出基準
 ・天津市工業企業VOC排出規制基準
 ・その他の技術政策文書
 ・VOC汚染防止技術政策
 ・地方の廃ガスVOC対策
 ・各社での廃ガスVOC規制対応 管理面
 ・各社での廃ガスVOC規制対応 末端処理
 ・各社での廃ガスVOC規制対応 モニタリング
 ・VOC改造補助金制度の例
 ・VOC補助金の事例

第三章 その他留意事項
 ・重汚染天候時緊急対応
 ・重汚染天候時緊急対応 企業対応
 ・実務上の注意点
 ・企業注意点

第三章 当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令順守監査サービス
 ・環境規制レクチャー
 ・工場跡地土壌調査・修復調査事業
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(12)第17回「中国内企業環境基本制度」  JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第1日17/01/27[2017.03.06]

収録データ第17回「中国内企業環境基本制度」
JCESC中国環境規制2017シリーズ講座第1日
料金1万2000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)88ページ

<目次>
第一章 中国製造業向け環境規制とその対応法
 1.中国の汚染対策をめぐる状況
 ・環境規制が新たなチャイナリスクに中長期的には追い風
 ・経営への影響 環境部署だけでは対応しきれない
 ・中国上層部での環境重視の姿勢への転換
 ・生態文明建設の概要
 ・最近の環境政策の大きな流れ
 ・2016年10月以降の中央重要環境政策

 2.中国の製造業向け環境制度の全体像
 ・環境法令の順守状況
 ・上位法と下位法との関係
 ・新『環境保護法』
 ・環境保護法と実務的法令との関係
 ・環境罰金の状況
 ・主な中央環境罰則の種類
 ・環境行政処罰決定書の構成
 ・環境処罰への対応
 ・環境法令違反の発覚のルート
 ・急増する環境訴訟
 ・中国の標準・規格
 ・中国各種排水基準の構成
 ・産業別・生産工程別排水規制基準一覧
 ・行政計画
 ・環境分野の省庁別権限
 ・中国内企業環境マネジメントの全体像

 3.中国の製造業向け基本環境・省エネ制度
 ・排水・排気の業務全体像
 ・建設事業環境アセスー環境検収制度
 ・汚染排出課徴金(排汚費)制度
 ・排ガス排汚費計算方法
 ・排汚費制度の近年の動き
 ・環境保護税法
 ・排出総量規制、排汚許可証、汚染排出権取引
 ・汚染排出権取引制度
 ・諸制度を「汚染排出許可証」制度に統合
 ・発生源モニタリング
 ・汚染排出ICカード管理
 ・環境情報公開制度
 ・環境緊急対応プラン
 ・その他の注目すべき動き

第二章 環境管理実務の注意点
 ・日系企業の環境コンプライアンス対応留意点
 ・早めの情報収集/対応が必要
 ・全方位的な環境政策・法令モニタリング
 ・ローカルスタッフへの環境教育
 ・「日本のやり方で十分」のような自己満足的やり方は禁物
 ・環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
 ・環境法令の読み方
 ・生産拠点に対する検査確認
 ・環境担当ローカルスタッフへの対応
 ・その他の注意点
 ・ロビー活動のやり方
第三章当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令順守監査サービス
 ・環境規制レクチャー
 ・工場跡地土壌調査・修復調査事業
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(11)第15回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応 ~VOC等大気汚染、CO2、土壌、危険廃棄物規制、中国版RoHS2.0等電子製品環境規制等~[2016.10.25]

収録データ第15回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応 ~VOC等大気汚染、CO2、土壌、危険廃棄物規制、中国版RoHS2.0等電子製品環境規制等~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)196ページ

<目次>
第一章中国製造業向け環境規制とその対応法
 1.中国の汚染対策をめぐる状況
 2.中国の製造業向け環境制度の全体像
 3.中国の製造業向け基本環境・省エネ制度
 4.大気汚染規制
 5.水汚染規制
 6.廃棄物管理
 7.土壌汚染規制
 8.CO2排出規制
 9.グリーン工場制度
 10.最近の環境規制
 ・中国新RoHS、WEEE、各種環境ラベルの最新動向
 ・企業環境情報公開、環境責任保険、環境緊急対応
第二章環境管理実務の注意点
 ・早めの情報収集/対応が必要
 ・全方位的な環境政策・法令モニタリング
 ・ローカルスタッフへの環境教育
 ・「日本のやり方で十分」のような自己満足的やり方は禁物
 ・環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
 ・環境法令の読み方
第三章当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令順守監査サービス
 ・環境規制レクチャー
 ・工場跡地土壌調査・修復調査事業
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(10)第14回「製造業向け中国大気汚染規制・VOC規制の最新動向とその対応 ~改正大気汚染防止法、地方条例、VOC規制など大気環境法制激変への対応~[2016.03.03]

収録データ第14回「製造業向け中国大気汚染規制・VOC規制の最新動向とその対応 ~改正大気汚染防止法、地方条例、VOC規制など大気環境法制激変への対応~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)112ページ

<目次>
第一節中国の大気汚染対策をめぐる状況
 ・中国の汚染対策をめぐる状況
 ・中国企業環境マネジメントに関する情勢が激変
 ・環境取り締まり強化で日系企業も処罰増える
 ・中国環境制度体系
 ・中央規制と地方規制との関係、環境標準
 ・環境法令規制の最新動向
 ・環境保護法と54の付随措置
 ・大気汚染防止法と地方条例
 ・中国内企業環境マネジメントの全体像
第二節制度別大気汚染排出管理
 ・汚染排出許可証
 ・汚染排出課徴金と環境保護税
 ・汚染排出規制基準
 ・汚染排出の監視・取引・記録
 ・最近の制度(情報公開、環境保険、緊急対応等)
第三節分野別大気汚染排出管理
 ・一般大気の規制の枠組みと対応
 ・悪臭の規制の枠組みと対応
 ・VOCの規制の枠組みと対応
第四節現場での環境管理実務の注意点
 ・早めの情報収集/対応が必要
 ・全方位的な環境政策・法令モニタリング
 ・社内の情報収集態勢
 ・ローカルスタッフへの環境教育
 ・「日本のやり方で十分」のような自己満足的やり方は禁物
 ・環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
 ・環境法令の読み方
 ・日系企業の対応留意点
第五節当社の中国内企業環境マネジメントに関する業務紹介
 ・環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
 ・カスタマイズ型環境法令解説
 ・環境法令現場チェック
 ・標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(9)第13回「中国第13次五ヵ年計画の環境ビジネス攻略法 ~第13次五ヵ年計画下での中国環境ビジネス市場への対応法~[2016.03.03]

収録データ第13回「中国第13次五ヵ年計画の環境ビジネス攻略法 ~第13次五ヵ年計画下での中国環境ビジネス市場への対応法~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)130ページ

<目次>
第一部中国環境汚染状況
第二部中国環境政策の最新動向
 (1)第13次五ヵ年計画、最新環境法制、生態文明建設
 (2)大気・水・土壌の汚染防止行動計画
第三部中国環境ビジネスを取り巻く状況  (1)“バラ色”の中国環境ビジネス市場
 (2)現実は日系企業にとって厳しい中国環境ビジネス市場
 (3)中国環境企業の日本進出で国内での生き残りさえも厳しく
 (4) 慎重すぎる日本企業と脇の甘い日本企業
第四部対中環境ビジネスを進める上での注意点
 (1)先入観を排して中国を徹底研究し、日本ビジネスの感覚を脱すべし
 (2)必要な人脈ネットワーク
  ・「先に戦略ありき」でこそ生きてくる人脈
 (3)協力相手の選び方
  ・信用できる協力相手をどのように選ぶか
 (4)得意な地域と分野をつくる
  ・最初から中西部地区への進出はリスキー
 (5)市場・技術動向を把握
  ・変動の激しい市場・政策
  ・「日本技術+中国市場」モデル陳腐化新ビジネスモデル
 (6)中国市場に合わせたカスタマイズ
 (7)情報収集と情報発信
 (8)中国の行政組織や政策決定過程を知る
  ・中国の環境行政組織 ・中国の環境政策研究団体
  ・中国の有力60環境業界団体
 (9)重要な最初の実績
  ・展示会やマッチングでの注意点
 (10)日系団体との連携
 (11)通訳・現地スタッフ
  ・通訳ゆえに交渉が進まない事例が多数
 (12)技術コピー、知財対策
  ・有効な知財対策
 (13)コンサルの必要性・選び方
  ・中国環境ビジネスは、「いい技術だから成功できる」のではない
 (14)具体的交渉時の注意点
 (15)代理店方式
 (16)中国で国家政策を動かす
 (17)中国環境ビジネスに予算必要
第五部当社サービス紹介

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(8)第12回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応 ~改正環境保護法と付随措置、大気・CO2・土壌規制など環境法制激変への対応~[2015.10.07]

収録データ第12回「製造業向け中国環境規制の最新動向とその対応 ~改正環境保護法と付随措置、大気・CO2・土壌規制など環境法制激変への対応~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)158ページ

<目次>

  1. 中国の汚染対策をめぐる状況と中国内企業環境マネジメントの全体像
    1. 中国の汚染対策をめぐる状況
      • 中国企業環境マネジメントに関する情勢が激変
      • 環境取り締まり強化で日系企業も処罰増える
      • 中国環境制度体系
         中央規制と地方規制との関係、環境標準、地方基準
      • 環境法令規制の最新動向
         環境保護法と54の付随措置
         土壌汚染防止法、大気汚染防止法、CO2排出管理
    2. 中国内企業環境マネジメントの全体像
  2. 汚染排出管理
    1. 分野別の汚染排出管理
      • 大気/悪臭
      • VOC規制の全体像
      • 工業廃棄物/危険廃棄物
      • 騒音/振動/放射線等
      • 土壌汚染規制
    2. 制度別の汚染排出管理
      • 汚染排出許可証
      • 汚染排出課徴金と環境保護税
      • 汚染排出規制基準
      • 汚染排出の監視・取引・記録(ICカード式管理)
  3. GHG管理/低炭素
    1. GHG排出規制と対象企業リスト
    2. GHG排出枠取引
  4. 工場管理
    1. クリーナープロダクション
    2. エネルギー管理
      • エネルギー監査
      • エネルギー管理体系認証制度
    3. 旧式生産設備淘汰
  5. 環境信用
    1. 環境情報公開
      • 企業環境情報公開弁法
      • 環境/CSR報告書
      • 中国版PRTR制度
    2. 環境信用評価
      • 環境信用評価の概況
      • 他制度との連携(情報公開、グリーン融資、公共料金、検査回数等)
    3. 環境緊急対応
      • 突発的環境事件緊急対応プラン
      • 重度大気汚染時対応
      • 環境汚染責任保険
      • 天津爆発事故で強化された危険化学品・危険廃棄物への管理・検査
  6. 中国内企業環境マネジメントの注意点
    • 早めの情報収集/対応が必要
    • 全方位的な環境政策・法令モニタリング
    • 社内の情報収集態勢
    • ローカルスタッフへの環境教育
    • 「日本のやり方で十分」のような自己満足的やり方は禁物
    • 環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
    • 環境法令の読み方
    • 日系企業の対応留意点
  7. 中国内企業環境マネジメントに関する当社の業務紹介
    • 環境法令情報(週刊レポ、法令速報)
    • カスタマイズ型環境法令解説
    • 環境法令現場チェック
    • 標準(規格基準)の意義と正規販売

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(7)第11回「中国環境マネジメント実務講座 ~改正環境保護法、CO2規制、新大気規制、環境取締り強化等の激変にどう対応するか~[2014.11.12]

収録データ第11回「中国環境マネジメント実務講座 ~改正環境保護法、CO2 規制、新大気規制、環境取締り強化等の激変にどう対応するか~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)97ページ

<目次>

  1. 中国の汚染対策をめぐる状況と中国内企業環境マネジメントの全体像
    1. 中国の汚染対策をめぐる状況
      • 新たな制度や改定制度が次々に
      • 環境取り締まり強化で日系企業も処罰増える
      • 中国環境制度体系
      • 環境法令規制の最新動向
    2. 中国内企業環境マネジメントの全体像
  2. 汚染排出管理
    1. 分野別の汚染排出管理
      • 水大気/悪臭
      • ゴミ/工業廃棄物/危険廃棄物
      • 騒音/振動/放射線等
    2. 制度別の汚染排出管理
      • 汚染排出許可証
      • 汚染排出課徴金(環境税)
      • 汚染排出規制基準
      • 汚染排出の監視・取引・記録(ICカード式管理)
  3. GHG管理/低炭素
    1. GHG排出規制
    2. GHG排出枠取引
  4. 工場管理
    1. クリーナープロダクション
    2. エネルギー管理
      • エネルギー監査/エネルギー管理体系認証制度/ESCO
  5. 環境信用
    1. 環境情報公開制度
      • 環境情報公開制度
      • 環境/CSR報告書
      • 中国版PRTR制度
    2. 環境信用評価
      • 環境信用評価の概況
      • 他制度との連携
  6. 中国内企業環境マネジメントの注意点
    • 早めの情報収集/対応が必要
    • 全方位的な環境政策・法令モニタリング
    • 独自の情報収集態勢
    • 環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
    • ロビー活動のやり方
  7. 中国内企業環境マネジメントに関する当社の業務紹介

※参照:セミナー詳細ページ

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(6)第10回「中国での環境・省エネビジネス攻略法~第12次五ヵ年計画下での中国環境・省エネ市場への対応~[2013.11.04]

収録データ第10回「中国での環境・省エネビジネス攻略法 ~第12次五ヵ年計画下での中国環境・省エネ市場への対応~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)112ページ

<目次>

  1. 中国環境ビジネスを取り巻く状況
    1. “バラ色”の中国環境ビジネス市場
    2. 現実は日系企業にとって厳しい中国環境ビジネス市場
    3. 中国環境企業の日本進出で国内での生き残りさえも厳しく
    4. 慎重すぎる日本企業と脇の甘い日本企業
  2. 対中環境ビジネスを進める上での注意点
    1. 先入観を排して中国を徹底研究し、日本ビジネスの感覚を脱すべし
    2. 必要な人脈ネットワーク
      • 「先に戦略ありき」でこそ生きてくる人脈
    3. 協力相手は慎重に選ぶ
    4. 得意な地域と分野をつくる
      • 最初から中西部地区への進出はリスキー
    5. 市場・技術動向を把握
      • 変動の激しい市場・政策
      • 「日本技術+中国市場」のモデルも陳腐化 新ビジネスモデル必要
    6. 中国市場に合わせたカスタマイズ
    7. 情報収集と情報発信
    8. 中国の行政組織や政策決定過程を知る
      • 中国の環境行政組織
      • 中国の環境政策研究団体
      • 中国の有力60環境業界団体
    9. 重要な最初の実績
      • 展示会やマッチングでの注意点
    10. 日系団体との連携
    11. 通訳・現地スタッフ
      • 通訳ゆえに交渉が進まない事例が多数
    12. 技術コピー、知財対策
    13. コンサルの必要性・選び方
      • 中国環境ビジネスは、「いい技術だから成功できる」のではない
    14. 具体的交渉時の注意点
    15. 代理店方式
    16. 中国で国家政策を動かす
    17. 中国環境ビジネスに予算必要

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(5)第9回「中国の化学物質規制の最新動向とその対応~危険化学品管理制度・GHS・MSDS対応と中国版REACH・PRTR~[2013.11.04]

収録データ第9回「中国の化学物質規制の最新動向とその対応 ~危険化学品管理制度・GHS・MSDS対応と中国版REACH・PRTR~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)152ページ

<目次>

  1. 中国環境規制
    1. 中国環境規制の概要
      • 中国環境法体系
      • 環境保護標準体系
      • 汚染排出基準体系
      • 近年の環境管理体制
    2. 中国製品環境規制
      • 各種環境ラベル制度と政府グリーン調達
      • エネルギー効率ラベル
      • 環境製品ラベルと省エネ製品ラベル
      • エコデザインとカーボンフットプリント
      • 中国版WEEE(電子製品リサイクル制度)
  2. 中国化学物質管理規制
    • 中国化学物質管理規制の全体像と各種化学物質リスト
    • 担当の行政機関構成
    • 五ヵ年計画に定められた化学物質管理規制の将来動向
    • 2つの国家化学品登記センター
    1. 危険化学品安全管理
      • 改定版危険化学品安全管理条例
      • 危険化学品安全管理条例改定に伴う下位法改定
      • 必要な5種類の危険化学品関連登記・許可証
      • 危険化学品登記制度と24時間対応電話
      • 危険化学品環境登記制度(中国版PRTR)
      • 化学品分類とラベル・MSDS対応、GHS対応
    2. 製品有害物質規制制度及び中国版RoHS
      • 中国版RoHSの概要
      • 中国版RoHS法規改正案
      • 中国版RoHSの自主認証
      • 中国版RoHSの下位法と標準
      • 今後増える動きのあるRoHS対象物質
    3. 新規化学物質登録
      • 新規化学物質登録の概要と手順
      • 最近の新規化学物質登録をめぐる動き
      • 化学分析機関と登録代行業者の最新動向
      • 新規化学物質かどうかの判定
      • 忘れがちな登記後の対応
    4. その他
      • 化学物質規制に関する地方独自の政策
      • 環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
      • 国家標準、産業標準の入手方法

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(4)第6回「中国の化学物質規制の最新動向とその対応~危険化学品管理制度・GHS・MSDS対応と中国版REACH・PRTR~[2013.06.10]

収録データ第6回「中国の化学物質規制の最新動向とその対応 ~危険化学品管理制度・GHS・MSDS対応と中国版REACH・PRTR~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)89ページ

<目次>

  1. 中国の法令・標準・規格
  2. 化学物質政策制度の概要と五ヵ年計画
    1. 五ヵ年計画概要
    2. 3つの化学品関連五ヵ年計画
  3. 化学品規制概要
    1. 危険化学品安全管理条例
    2. 個別下位法(安全生産総局)
      • 危険化学品登記管理弁法
      • 化学品物理危険性鑑定・分類管理弁法(草案)
      • 危険化学品安全使用許可証
      • 危険化学品生産企業安全生産許可証実施弁法
      • 危険化学品経営許可証管理弁法
      • 危険化学品重大危険源法令
      • 危険化学品建設事業安全施設設計ガイドライン
      • 重点監督管理危険化学品リスト
      • 国家安全生産総局 2013年危険化学品安全監督管理重点業務
    3. 環境保護省の危険化学品管理
      • 有毒化学品の輸出入規制
      • 危険化学品環境管理登記弁法(試行)
    4. 中国GHS・MSDSの主な法規制・標準類
      • ラベル要求GB15258-2009
      • 中国版MSDS・ラベルの注意点
    5. 輸入化学品の税関検査の強化
    6. 化学品関連基準の最新動向
  4. 新規化学物質環境登記制度
    • 近々の新規化学物質登録をめぐる動き
    • 新規化学物質環境登記の注意点
    • 登記後の対応
  5. その他
    1. 化学物質管理に関する地方独自の政策
    2. 各種化学物質法令の施行状況
    3. 化学物質規制の策定を事前に知る方法
    4. 日系企業の対応留意点
  6. 当社化学品規制サービス
    • 『週刊中国環境規制/ビジネスレポート』
    • 化学品規制・環境規制の和訳販売サービス
    • 中国化学品安全協会の化学品登記サービス

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(3)第5回「中国の電子製品環境規制の最新動向とその対応~中国版RoHS・WEEE・エコラベル・エコデザイン・カーボンフットプリント~[2013.06.10]

収録データ第5回「中国の電子製品環境規制の最新動向とその対応~中国版RoHS・WEEE・エコラベル・エコデザイン・カーボンフットプリント~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)103ページ

<主要トピック>

  • 中国環境規制の枠組み
  • エコラベル制度(環境配慮型の一般製品普及)
  • 中国版WEEE(『廃棄電器電子製品回収処理管理条例』)
     処理基金制度が施行(2012年7月より)
  • 中国版RoHS(『電子情報製品汚染制御管理弁法』)
     自主認証制度実施に向けた動き(2010年以降)
<目次>
  1. 中国環境規制の概要
    • 中国環境法体系
    • 環境保護標準体系
    • 汚染排出基準体系
    • 近年の環境管理体制
  2. 各種環境ラベル制度
    • エネルギー効率ラベル
    • 環境製品ラベルと省エネ製品ラベル
    • エコデザイン、カーボンフットプリント
    • 政府グリーン調達
  3. 中国版WEEE
    • 中国版WEEEの概要
    • 処理基金納付方法
    • 今後の動き
  4. 製品有害物質規制制度及び中国版RoHS
    • 中国版RoHSの概要
    • 中国版RoHS法規改正案
    • 中国版RoHSの自主認証
    • 中国版RoHSの下位法と標準
    • 今後増える動きのあるRoHS対象物質
  5. 中国での環境経営リスク
    • 製品環境規制に関する地方独自の政策
    • 環境規制の策定を事前に知る方法
    • 国家標準、産業標準の入手方法

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(2)第4回「中国水ビジネスセミナー初中級編~中国水ビジネスをめぐる制度・市 場・産業動向と対応方法~[2012.12.01]

収録データ第4回「中国水ビジネスセミナー初中級編~中国水ビジネスをめぐる制度・市 場・産業動向と対応方法~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)71ページ

第一部 中国水ビジネスを取り巻く状況
(1)第12次五ヵ年計画での水ビジネス市場
 汚水処理場建設・更新、汚泥処理、海水淡水化、浄水場等
(2)現実は日系企業にとって厳しい中国水ビジネス市場
(3)中国環境企業の日本進出で国内での生き残りさえも厳しく
(4) 慎重すぎる日本企業と脇の甘い日本企業

第二部 対中水ビジネスを進める上での注意点
(1)先入観を排して中国を徹底研究し、日本ビジネスの感覚を脱すべし
(2)必要な人脈ネットワーク
(3)協力相手は慎重に選ぶ
(4)得意な地域と分野をつくる
(5)市場・技術動向を把握
 ・変動の激しい市場・政策
 ・「日本技術+中国市場」のモデルも陳腐化 新ビジネスモデル必要
(6)中国市場に合わせたカスタマイズ
(7)情報収集と情報発信
(8)中国の行政組織や政策決定過程を知る
 ・中国の水行政組織
 ・中国の水政策研究団体
 ・中国の有力水事業業界団体
(9)重要な最初の実績
 ・なぜ商談会や見本市に参加しても進展しないのか
(10)日系団体との連携
(11)通訳・現地スタッフ
(12)技術コピー、知財対策
(13)コンサルの必要性・選び方
 ・中国水ビジネスは、「いい技術だから成功できる」のではない
(14)具体的交渉時の注意点
(15)代理店方式
(16)中国で国家政策を動かす
(17)中国水ビジネスに予算必要

配布資料word(PDF版)31ページ
コンテンツ(関連環境五ヵ年計画の重要部分抜粋)
1.国家環境保護第12次五ヵ年計画
2.環境サービス業第12次五ヵ年発展計画(パブリックコメント版)
3.環境設備第12次五ヵ年発展計画
4.第12次五ヵ年全国都市汚水処理・再生利用施設建設計画
5.省エネ排出削減第12次五ヵ年計画
6.全国都市給水設施改造・建設第12次五ヵ年計画及び2020年長期目標
7.第12次五ヵ年省エネ環境産業発展計画
8.全国重金属総合対策第12次五ヵ年計画
9.節水型社会建設第12次五ヵ年計画
10.重点流域水汚染防止計画(2011~2015年)
11.長江中下流流域水汚染防止計画(2011~2015年)
12.高性能膜材料科技発展第12次五ヵ年特別計画
13.海水淡水化科学技術発展第12次五ヵ年計画
13-2.国務院弁公庁『海水淡水化産業発展加速に関する意見』解説

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る

(1)第3回「中国の環境及び化学物質規制とその対応 ~中国版RoHS・REACH・WEEEと 危険化学品規制・GHS・MSDS対応~[2012.12.01]

収録データ第3回「中国の環境及び化学物質規制とその対応 ~中国版RoHS・REACH・WEEEと 危険化学品規制・GHS・MSDS対応~」
料金1万5000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子PDFデータ
収録項目

講演予稿PPT(PDF版)112ページ
第一部 中国環境規制
1.中国環境規制の概要
・中国環境法体系
・環境保護標準体系
・汚染排出基準体系
・近年の環境管理体制
・各種環境ラベル制度と政府グリーン調達
 エネルギー効率ラベル(義務付け)
 環境製品ラベルと省エネ製品ラベル
2.中国版WEEE
・中国版WEEEの概要
・処理基金納付方法
・今後の動き
第二部 中国化学物質管理規制
・概要と各種化学物質リスト
・2つの国家化学品登録センター
3.危険化学品安全管理
・改定版危険化学品安全管理条例
・危険化学品安全管理条例改定に伴う下位法改定
(生産許可証・販売許可証・使用許可証制度等)
・危険化学品環境登記制度
・有毒化学品の輸出入規制
・GHS、MSDSの主な法規制・標準類
4.製品有害物質規制制度及び中国版RoHS
・中国版RoHSの概要
・中国版RoHS法規改正案
・中国版RoHSの自主認証
・中国版RoHSの下位法と標準
5.新規化学物質登録
・新規化学物質登録の概要と手順
・化学分析機関と登録申告代理業者候補
・新規化学物質かどうかの判定
・最近の新規化学物質登録をめぐる動き
6.その他
・化学物質規制に関する地方独自の政策
・環境規制・化学物質規制の策定を事前に知る方法
・国家標準、産業標準の入手方法

配布資料word(PDF版)9ページ
コンテンツ
1.中国エコラベル対象品目
2.中国WEEE関連の付随資料
3.危険化学品安全管理条例関連下位法
4.製品有害物質規制基準(食品系、中国版RoHS系を除く)

  • 購入ご希望の方は、申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。

▶▶JCESCセミナー 講演予稿・配布資料購入申込書DL◀◀

ページトップへ戻る


中国汚水処理事業詳細データ販売のお知らせ

(1)2010年中国都市汚水処理場詳細データ一覧[2012.09.17]

収録データ件数約3000ヵ所の都市公共生活排水処理場データ(2010年時点)
収録項目所在省・市、汚水処理場名称、住所、指導機関、投資会社、設計会 社、運営方式、運営会社、全体投資、汚水処理場建設投資、竣工年、操業 開始 年、処理能力、処理級別、対応排水基準、汚水処理方式、COD/BOD/SSの出水・入 水濃度
料金63万円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子エクセルデータ

 【注1】本サービスご購入申込件数が5件以下の場合、リリースは控えさせて頂きま す。ご了承ください。  

  • 購入ご希望の方は、仮申込書を下記リンクよりダウンロードし、必要事項を記入の上、メール(web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でご送信ください。
  • 利用仮申込が6件以上となった時点で、正式申込の開始告知、及び仮申込済 のお客様には請求書及び納品手配を開始いたします。(約 1~2ヶ月で納品する予定)
  • なお、処理場データサンプル10件分を無料提供しております。ご希望の方は ご連絡ください。

 【注2】本データは『週間中国環境規制・ビジネスレポート』サービス対象外となります。

▶▶2010 中国都市汚水処理場詳細データ一覧 仮申込書DL◀◀

ページトップへ戻る


(2)重点流域第12次五ヵ年計画 都市汚水処理事業一覧[2012.09.17]

収録データ件数3040件(第12次五ヵ年計画期間に建設を予定されている事業)
収録項目所在省・市、汚水処理事業名称(汚水処理場建設、汚水管網敷設、グ レードアップ改造、再生水処理、汚泥処分を含む)。うち362件では 処理能力、 管網長さ、投資額の情報あり。
料金8万4000円(税込。人民元も対応可)
納入データ形式電子エクセルデータ

【申込方法】

  • 申込書を下記リンクからダウンロードして、必要事項ご記入の上、メール( web@jcesc.com及びonogish@yahoo.co.jp)でお送り下さい。
  • お申込み内容確認後、請求書及び納品手配をいたします。2 週間以内に納品する予定です。

 ▶▶重点流域第12次五ヵ年計画都市汚水処理事業一覧 申込書DL◀◀

ページトップへ戻る